周りのオシャレと差をつけるなら今コレ!スカジャンアートのご紹介です♡※動画付き

こんにちはFUNSIDË minamiです♡

今回は、ジャンート!!のご紹介です!

楽側(ふぁんさいど)を使っスカジャン風アートで周りのオシャレと差をつけちゃいましょう♪

Inspired

今回はひたすらスカジャンを模索。。。

出典:Pintarest

ちょっと今寄りなお花模様や

出典:Pintarest

虎模様。シブい。

出典:Pintarest

こんなのも!!激シブ!!笑

色々あったけど、カラーが奇抜すぎない、女子でも手を出しやすい、程よいインパクトのあるスカジャンアートを作りたかったので

今回のイメージはこれ

出典:Pintarest

一緒に合わせてるバッグやシューズのカラーも参考にしつつ、トータルコーディネートをネイルで再現しました♡

こんなのが出来上がっちゃうと、毎日ネイルも服を着替えるように変えたくなっちゃう欲望と、お気に入りはずっと付けておきたい願望との葛藤が始まりますよね^ ^笑

 

ここはぐっとこらえて、とっておきのお気に入りネイルを一ヶ月しっかり持たせて(次のネイルの計画も立てながら)十分に楽しみましょう♪

それではオシャマスター!スカジャンアート!

Let’s try!

 

How to make SKAJAN Art

動画を見る(記事の最後にも動画を添付しています)

 

道具紹介

S.F.T Color Gel

ピュアホワイト

ラインアートに使用

②S.F.T Color Gel

ターコイズタイル(イベント限定カラー)

ベースカラーに使用

S.F.T Color Gel

ペールアクア

ベースカラーに使用

S.F.T Color Gel

カーボンブラック

ラインアートに使用

S.F.T Color Gel

アンティークホワイト

ベースカラーに使用

⑥楽側(ふぁんさいど)シール 

2017/6/1より販売開始

アートに使用

KÜU PRO BASE GEL

ベースクリア

KÜU PRO TOP HARD GEL

クリアコーティング

KÜU PRO TOP SOFT GEL

ラインコーティング

⑩ツイザー

 シールを貼る時に使用

⑪スクエア筆

 ベースクリア&カラーを塗るのに使用

⑫アート筆

 アート&コーティングの時に使用

 ⑬パレットリング

 カラーを混ぜる時に使用

 

手順説明

1.ベースジェルを塗る

チップの場合は基本的にベースクリアは塗らなくてもいいですが、実際のお爪を想定して塗っています。

KÜU PROベースジェルは薄づきでしっかり密着してくれるので非常に持ちが良く、オフもしやすいプロ使用になっています。

(LED仮硬化5秒)

お爪が薄くなったり、傷んでいる方、もしくはクリア仕上げの時は二度塗りをオススメします。

ジェル詳細はこちら☟

 

2.カラージェルを2種類を混ぜて、ベースカラーをつくる

②S.F.T COLOR GELターコイズタイルと、③S.F.T COLOR GELペールアクアを混ぜ、ベースカラーを作る。

1:1の割合で混ぜます。

⑬パレットリングを使用して混ぜます。お手持ちのシートパレット、アルミの上で混ぜてもOK。

3.ベースカラーを塗る

▼2で混ぜたベースカラーを、斜め半分に塗っていきます。

混ぜたカラーは2度塗りしました。※充分な方は1度塗りのみでもOKです。(LED仮硬化5秒)

 

⑤S.F.T COLOR GELアンティークホワイトを、もう斜め半分に塗っていきます。

アンティークホワイトは2度塗りしました。※充分な方は1度塗りのみでもOKです。(LED仮硬化5秒)

4.カラー2種類の境目にラインを引く

12アート筆を使い、①S.F.T Color Gelピュアホワイトをカラーの境目に1mmぐらいのラインを引いていきます。

アンティークホワイトも白ですが、さらに真っ白のピュアホワイトを入れることで立体感がでます。

5.4で引いたラインの上に斜めラインを描いていく

アート筆を使い、④S.F.T Color Gelカーボンブラックで斜めのラインを描いていきます。

スカジャンのつなぎ目、ステッチのような斜めラインを入れることでアートのアクセントになります。

はみ出たり、線が太いところはウッドスティックで修正します。

でもちょっと雑なくらいが味がでます!

6.シールを貼る

今回は、⑥楽側(ふぁんさいど)シール を使っていきます。

2種類のお花のシールを使っていきます。まずは小さな花から。バランスを整え、ピンセットのお腹で外側へ向かって空気を抜きます。

次に大きなお花を、先ほど貼った小花の上に重ね、貼っていきます。バランスを整え、ピンセットのお腹で外側へ向かって空気を抜きます。

7.ハードジェルで仮止め・コーティング

KÜU PRO HARD TOP GELを使って、コーティングしていきます。

ジェル詳細はこちら☟

筆の3分の1の量を取り、筆をゆっくり小刻みに動かしながらシールの段差を埋めていきます。

その後、たっぷりめにハードジェルを取り、全体をしっかりと覆うようにコーティングしていきます。

この時にまだ空気が入っているところがあれば、固める前に抜きましょう。

(LED仮硬化5秒)

8.ラインアートの部分に立体感を出すため、ソフトトップジェルでコーティング

KÜU PRO TOP SOFT GELでラインアート部分のみコーティング。

ジェル詳細はこちら☟

 

ソフトコーティングすることで、ライン部分にさらに立体感が出てアクセントのきいたデザインになります。

9.完成

 

まとめ

いかがでしたか?♡

ミックスカラーで絶妙に表現するスカジャンのカラーは、あなたお好みのカラーにアレンジしてみるのも楽しみの一つ!

是非トライしたデザインはinstaでタグ付けしてpostしてくださいね★

@funside_kobe

#funside

動画で詳しくチェックしたい方はこちら☟

Thank you

Have FUN♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です