絶対に可愛くなるシェルネイルのやり方と厳選デザイン10

シェルネイルは、夏が来ると誰もが一度はやってみたいと思うデザインですよね?

海を連想させるデザインや、爽やかで明るいデザインが多いので、特に春・夏に大人気のネイルです。

今回は、いろんなデザインがあるシェルネイルの中から、クラッシュシェルを使ったシェルネイルのやり方と、シェルシートを使ったシェルネイルのやり方を紹介します。

セルフでできるデザインも多く、組み合わせるパーツなどを少し工夫すれば圧倒的に可愛くなるのがシェルネイルです。やり方と合わせて、絶対に可愛くなる組み合わせも紹介しているので参考にしてみて下さい。

1.シェルネイルに使うシェルアイテム

シェルネイルとは、その名のとおり貝(シェル)を用いたネイルアートのことです。

しかし一言に貝と言っても、ネイルアートで貝は様々な使い方をします。貝の要素さえあればシェルネイルと呼ばれ、シェルネイルの中でも多くの種類があるのです。

ここではネイルと組み合わせることが多いシェルアイテム4つを紹介します。

①貝を細かく砕いて綺麗に色付けしたクラッシュシェル

クラッシュシェル:砕いた貝の欠片を使ったキラキラと輝くパーツ。
IMG_0197

②貝ならではの光沢をシートにしたシェルシート

シェルシート:天然貝のシールで貝殻独特のナチュラルな輝きが特徴
IMG_0199

③貝の形をしたパーツ

shellparts 2

④小さめサイズの巻貝

IMG_1628-2

2.クラッシュシェルネイル

まずは、シェルネイルの中でも最も人気のあるクラッシュシェルを使ったネイルのやり方を紹介します。

必要な道具

はじめに、クラッシュシェルネイルに必要な道具を紹介します。

clashshellitem1
ウッドスティック クラッシュシェルを乗せるときに使用
ジェルを塗布するときに使用
ベースジェル「kuu」  セルフネイルにもおすすめのオフしやすいベースジェル
カラージェル「シアーホワイト」 透け感のある白のカラージェル
トップジェル「PERMA SHINE」  ぷっくりと厚みのある仕上がりが特徴のトップジェル
クラッシュシェル各色 砕いた貝の欠片を使ったパーツ
LEDライト  ジェルを硬化するときに使用

やり方

それではクラッシュシェルネイルのやり方を紹介していきます。

まずベースジェルを塗り、

IMG_0287

 

LEDライトで、仮硬化(10秒)します。

IMG_0288

 

カラージェル「シアーホワイト」を1回塗り、

IMG_0290

 

仮硬化(10秒)します。

IMG_0288

 

シェルを付ける接着剤代わりに、軽くトップジェルを塗ります。

IMG_0292

 

ウッドスティックを使い、クラッシュシェルを乗せていきます。

IMG_0294

 

クラッシュシェルがギザギザして尖っていて、立っているとコーティングが分厚くなってしまうので、乗せ終わったら上から押さえます。

IMG_0305

 

仮硬化(10秒)します。

IMG_0288

 

トップジェルを塗り、

IMG_0309

 

完全硬化(20秒)します。

IMG_0288

 

シェル独特のキラキラが可愛いクラッシュシェルを使ったシェルネイルの完成です!

IMG_0312

更に可愛くするやり方

一旦完成ですが、今回は更に可愛くするためにシェルパーツを乗せていきます。クラッシュシェルとシェルパーツの相性は抜群です。

シェルパーツを乗せるタイミングは、クラッシュシェルを乗せてから仮硬化をする前です。

ツイザーを使ってシェルパーツを乗せ、

IMG_0318

 

仮硬化(10秒)します。

IMG_0288

 

この後は先ほどと同様に、トップジェルを 塗り、完全硬化(20秒)します。クラッシュシェルとシェルパーツを組み合わせたシェルネイルの完成です!

IMG_0322

3.シェルシートネイル

ここではシェルシートを使ったネイルのやり方を紹介していきます。

必要な道具

はじめに、シェルシートネイルに必要な道具を紹介します。

shellseatitem
 ジェルを塗布するときに使用
ベースジェル「kuu」   セルフネイルにもおすすめのオフしやすいベースジェル
カラージェル「シアーホワイト」  透け感のある白のカラージェル
トップジェル「PERMA SHINE」   ぷっくりと厚みのある仕上がりが特徴のトップジェル
シザー  ネイル用のはさみ シェルシートをカットするときに使用
ツイザー  ネイル用ピンセット ストーンパーツを貼付けるときに使用
シェルシート  貝独特の美しい輝きを見せる天然貝のシート
LEDライト  ジェルを硬化するときに使用

やり方

それではシェルシートネイルのやり方を紹介していきます。

ベースジェル塗布→仮硬化→カラージェル「シアーホワイト」塗布→仮硬化までは、クラッシュシェルネイルと同様に行います。

IMG_0333

 

仮硬化後、今回のアートの主役であるシェルシートをシザーでお好みの形にカットします。

IMG_0335

 

IMG_0336

 

カット完了です。

IMG_0340

 

シェルシートはシールになっているので、ツイザーでめくり、

IMG_0344

 

そのまま貼ります。

IMG_0345

更に可愛くするやり方

この後、トップジェルを塗って硬化すればシェルシートを使ったシェルネイルは完成ですが、更に可愛くするために金箔と組み合わせたアレンジを紹介していきます。

ウッドスティックを使って金箔を取り、

IMG_0354

 

シェルシートのまわりにランダムに金箔を乗せていきます。

IMG_0358

 

トップジェルを塗り、完全硬化(20秒)したら、完成です!

IMG_0382

 

先ほどのクラッシュシェルネイルとシェルシートを組み合わせると、こんなに可愛いデザインが出来上がります!!

IMG_0384

4.シェルネイルおすすめデザイン10選

FUNSIDËの新作シェルパーツを使ったデザイン

最初の2つのデザインは、FUNSIDEの新作パーツと組み合わせたシェルネイルです。この2つのデザインはFUNSIDEの記事でも詳しく紹介しているので是非ご覧下さい。

①FUNSIDË シェルシートで作る天然石デザイン

IMG_4517

新作パーツの、8色もあるシェルシートを使った簡単にできるアートの紹介です。色を選ぶだけでも楽しそうですね。

FUNSIDEアイテム☀︎シェルシート☀︎ カラーバリエーションの紹介です☺︎♡

2016.02.28

FUNSIDË 巻貝パーツを使ったデザイン
IMG_2476

こちらも新作パーツの、巻貝パーツを使ったアートです。縞模様・白・色付きと種類があり、存在感のあるパーツです。

FUNSIDEアイテム~~~Spiral Shell~~~★巻貝の4つの使い方★ 

2016.03.07

神戸のサロン「FREE’S nail」のデザインから厳選したシェルネイル

FUNSIDEデザイナーの森本・山神がネイリストとして働いている、神戸三宮のネイルサロン「FREE’S nail」のシェルネイルのデザインから特に可愛いものを厳選しました。


IMG_0087


IMG_0094


IMG_0115


IMG_0095


IMG_0014


IMG_0101


IMG_0038


IMG_0037

5.まとめ 

いかがだったでしょうか?シェルネイルをしてみたいと思いませんでしたか?

シェルネイルのやり方は特に難しくないので、セルフでも十分楽しめます。ただシェルアイテムが多くてデザインに悩むことがあると思います。そんな時はここで紹介した可愛いデザインを参考にして下さい。

シェルアイテムにはそのアイテムならではの可愛さがあり、使うアイテムや色によって印象がまったく変わってきます。自分の好みのシェルアイテムをいろんなデザインと組み合わせて、最高に可愛いシェルネイルを楽しみましょう!

FUNSIDEシールを使ったアートのやり方は以下の記事を参考にして下さい!

本当に海に行った気分になれる!!リアルBEACHアートのやり方

2016.05.25

夏ネイルにぴったり‼︎Summer Alphabetシールを使ったハワイアンアートのやり方

2016.06.26

夏にぴったり!サングラスシールで作る6つのネイルデザインのやり方★

2016.05.01

大人気のサーフスタイル‼︎FUN WAVEシールを使ったサーフネイルデザインのやり方

2016.07.03

天然シェルシートを使った大人スタイリッシュなネイルデザインのやり方

2016.07.05