お花ネイルも奥行き重ね技!シースルーフラワーアートのやり方【解説動画付き】

こんにちは!FUNSIDËです♡

今回は、「シースルーフラワーアート」をご紹介します!

フラワー刺繍のシースルーワンピースが重なりあったような、エレガントさと奥行きを表現!

出典:Pintarest

 

カラーをたくさん使ったアートでも、ミッドナイトクリアのベールをかけてあげるだけで、エレガント仕上げ♡

 

Let’s try!

  See through flower nail

動画を見る(記事の最後にも動画を添付しています)

道具紹介

 

(1)KÜU PRO BASE GEL
ベースクリアジェル
 コーティングに使用
(2)KÜU PRO TOP HARD GEL
トップハードジェル
 コーティングに使用
(3)TSUMESANS
シールコーティングジェル
 アートに使用
(4)S.F.T Color Gel
ミッドナイトクリア
 アートに使用
(5)S.F.T Color Gel
アートホワイト
 コーティングに使用
(6)ツイザー  アートに使用
(7)シザー  アートに使用
(8)スクエア筆 アートに使用
(9)細筆 アートに使用
(10)ネイルシール
es European flowers
 アートに使用

 

手順説明

1.ベースジェルを塗る

KÜU PRO BASE GELを使います。

チップの場合は基本的にベースクリアは塗らなくてもいいですが、実際のお爪を想定して塗っています。

スクエア筆の二分の一から三分の一の量のジェルをとり、アウトライン(お爪の一番端の淵となるライン)をキューティクルラインからサイドラインの順でとれたら、全体になじませていきます。

エッジも忘れずに塗りましょう。

(LED仮硬化5秒)

 

KÜU PRO BASE GELは薄づきでしっかり密着してくれるので非常に持ちが良く、オフもしやすいプロ使用になっています。

お爪が薄くなったり、傷んでいる方、もしくはクリア仕上げの時は二度塗りをオススメします。

ジェル詳細はこちら☟

 

2.European flowersを貼る

貼りたいEuropean flowersのステッカーのカットラインをめがけてシートを折り曲げ、カットラインの端をツイザーの先で引っ掛けてステッカーを剥がし、お爪に貼ります。

 

ステッカーを貼ったら、下に入った空気をツイザーの腹で外に向かって抜きましょう。

 

余分な部分はシザーを使ってカットします。後のコーティングのことも考えて、お爪の一番端から0.5mm内側でカットしましょう。

 

 

3.仮コーティングをする

TSUMESANSのシールコーティングジェルを使って、仮コーティングをしていきます。

ベースとステッカーの段差をなくすようにして、シールコーティングジェルを塗ります。

(LED仮硬化5秒)

 

4.ドットを描く

S.F.T Color Gel のアートホワイトを使って、ランダムにドットを描いていきます。

(LED仮硬化5秒)

 

5.上からシアーカラージェルを塗る

S.F.T Color Gel のミッドナイトクリアを薄く全体に塗ります。

(LED仮硬化5秒)

 

7.工程2〜5を繰り返す

European flowersを貼ります。

 

TSUMESANS シールコーティングジェルで仮コーティングをします。

(LED仮硬化5秒)

S.F.T Color Gel のアートホワイトでドットを描きます。

(LED仮硬化5秒)

 

S.F.T Color Gelのミッドナイトクリアを塗ります。

 

 

8.コーティングをする

KUU PRO TOP GEL HERDを使ってコーティングをします。

 

爪先を90度に下げ、たっぷりジェルを取り、キューティクルラインからサイドラインの順でアウトラインを取った後、全体のジェルを馴染ませます。

この時余分なジェルは容器に戻してあげましょう。

(LED完全硬化30秒)

 

9.完成

European flowersを使って奥行きのある重ね技を実現したアートの完成です!

 

10.まとめ

いかがでしたでしょうか?♡

一見難しそうに見えるシースルーフラワーアートですが、ネイルシールとミッドナイトクリアで簡単にエレガントで大人可愛いアートができちゃいます!

ぜひチャレンジしてみてくださいね♡

動画で詳しくチェックしたい方はこちら☟

 

Thank you

Have FUN♡