簡単に可愛くできるコツ伝授!大人気の天然石ネイルのやり方

キラキラと光り輝く天然石はアクセサリーなどにもよく使われていて、石の種類によって独特の可愛さがありますよね。

そんな天然石をアートに表現した天然石ネイルは、別名で宝石ネイルとも言われるほど美しく、今大人気のデザインの一つです。

一見ハードルが高いと思われがちなデザインですが、天然石独特の奥行き感を出すコツさえ掴めば、セルフでも十分可愛いものができます。

今回はその中でも特に人気の「大理石ネイル」のやり方と、天然石パーツを使った天然石ネイルのやり方を、プロ直伝でご紹介していきます。おすすめデザインと合わせてご覧下さい。

1.天然石ネイルとは

天然石ネイルとは、その名の通り天然石のようなデザインのネイルや、天然石パーツを使っているネイルのことをいいます。一般的に人気の天然石ネイルは大きく2種類に分類できるので、どのようなネイルが天然石ネイルと言われているのか簡単に紹介していきます。

天然石ベースのネイル

まず1つ目の天然石ネイルは、天然石ベースのネイルのことをいいます。天然石ベースのネイルとはどういうものかというと、本物の天然石の柄や奥行き感をネイルアートで表現しているものです。

アクセサリーなどにもよく使われる「ターコイズ」という天然石で例えると、

ターコイズ(トルコ石)

tcs

出典:色石BANK

このようなネイルになります。

turquoise

だいぶリアルに天然石の柄が表現されており、天然石ネイルと呼ばれるのも納得していただけるのではないでしょうか。

ターコイズ以外にも、いろんな種類の天然石を表現したベースのネイルがたくさんあります。

天然石パーツを乗せたネイル

もう一つは天然石パーツを乗せたネイルです。

天然石パーツ

2016-02-29 7.33.32

出典:MERY

天然石パーツ自体がカラフルで可愛く、色や種類も豊富なので、いくつか組み合わせて乗せるだけで相当可愛くなります。

パーツが大きいので、パーツ固定用のジェルが必要になりますが、比較的簡単に可愛くできるネイルといえます。

2.天然石ネイルのやり方

ここでは先ほど紹介した「天然石ベースのネイル」と「天然石パーツを乗せたネイル」2種類の天然石ネイルのやり方を、前処理(プレパレーション)後の、ベースジェルを塗るところから紹介していきます。

前処理(プレパレーション)やジェルの塗り方など、基本的なジェルネイルのやり方はこちらの関連記事をご参照下さい。

初心者でも可愛くできる!セルフジェルネイルの正しいやり方

2016.02.26

大流行中の大理石ネイルのやり方

今回は天然石ベースのネイルの中でも、特に人気がある「大理石ネイル」のやり方を紹介します。

大理石ネイルに使うジェルはこちら。

item1

 

ベースジェル「kuu」 セルフネイルにもおすすめのオフしやすいベースジェル
カラージェル「シアーホワイト」 透け感のある白のカラージェル
カラージェル「ブラック」 黒のカラージェル
トップジェル「PERMA SHINE」 ぷっくりと厚みのある仕上がりが特徴のトップジェル

 

はじめにベースジェルを塗ります。

2

 

LEDライトで、仮硬化(10秒)します。

3

 

カラージェル「シアーホワイト」を1度塗りして、

4

 

仮硬化(10秒)します。

3

 

カラージェル「シアーホワイト」の2度塗り目をしたら、今度は硬化せずに、細筆とカラージェル「ブラック」を使って大理石独特の奥行き感を出していきます。

5

 

カラージェル「ブラック」で、主となる濃いラインを描きます。

6

 

そのまま筆を拭かずに、先ほど引いた主となるラインの周りをぼかしていくと、絶妙な大理石柄になります。

7

 

大理石柄ができたら、トップジェルを塗り、

8

 

完全硬化(20秒)します。

3

 

すると、大理石ネイルの完成です!

9

いかがでしょうか?一見難しそうに見える大理石ネイルですが、特別な道具やテクニックは必要ありません。多少の慣れは必要ですが、コツさえ掴んでしまえば決して難しいアートではありません。

可愛く仕上げるコツは、あまり触りすぎないことです。主となるラインは4本がおすすめで、まわりを少しぼかす程度がちょうどいいです。

触りすぎてしまった失敗例はこちら

失敗例

くれぐれも触りすぎには注意しましょう。

天然石パーツの乗せ方

次に天然石パーツの乗せ方を紹介していきます。

天然石を乗せるためにこちらの道具を使用します。

item2
ウッドスティック ネイルのように細かい作業をするときにいろいろな使い道がある細い木の棒
ツイザー 細かいパーツを扱うときに使うネイル用ピンセット
パーツ固定専用ジェル  普通のジェルより固く、大きいパーツを付けるときに使用
天然石パーツ 今回はアクセサリーのパーツ屋さんで買った天然石のビーズを使用
トップジェル「PERMA SHINE」 ぷっくりと厚みのある仕上がりが特徴のトップジェル

ベースジェルを塗り仮硬化した後、カラージェル「シアーホワイト」を塗り仮硬化をするところまでは、先ほどの大理石ネイルのやり方と同様に行います。

天然石の乗せ方_6169

 

それではここから、今回のアートの主役となる天然石パーツを乗せていきましょう。

まずは、パーツ固定専用ジェルをウッドスティックですくいます。

3

 

すくったパーツ固定専用ジェルを爪の真ん中に乗せます。

4

 

天然石パーツをツイザーでジェルの上に乗せていきます。今回はアクセサリーのパーツ屋さんで売っているものを使います。ネイルのパーツではなくても可愛くて使えるものが多いです。

5

 

乗せ終わったら、

6

 

仮硬化(10秒)します。

3

 

天然石パーツは、パーツ自体が立体的で大きいので、

7

 

まずはパーツのまわりだけトップジェルを塗っていきます。

8

 

その後一回仮硬化(10秒)させて、

3

 

最後は全体的にトップジェルを塗ります。

9

 

完全硬化(20秒)して、

3

 

完成です!

10

 

3.天然石ネイルのおすすめデザイン

今回は、FUNSIDEの森本・山神がネイリストとして働いている神戸のネイルサロン「FREE’S nail」のデザインの中から、おすすめデザインを厳選しました。


IMG_0338


IMG_0004


IMG_0011


IMG_0012


IMG_0339


IMG_0354


IMG_0323


IMG_0261


IMG_0289


IMG_0392

4.まとめ

いかがだったでしょうか?意外と簡単に感じませんでしたか?天然石ネイルは、セルフネイラーの方でも気軽にできるデザインも多いので、是非チャレンジしてみて下さい。

天然石の種類によって与える印象がまったく違うのも天然石ネイルのおもしろいところです。可愛らしい雰囲気から大人っぽいクールな雰囲気まで天然石ネイルで表現できます。自分の誕生石や好きな天然石をネイルにしてオリジナル感を出すと、より天然石ネイルを楽しめると思います。

2016年も更に大流行間違いなしの天然石ネイルをお楽しみ下さい!

FUNSIDEシールを使ったアートのやり方は以下の記事を参考にして下さい!

本当に海に行った気分になれる!!リアルBEACHアートのやり方

2016.05.25

夏ネイルにぴったり‼︎Summer Alphabetシールを使ったハワイアンアートのやり方

2016.06.26

夏にぴったり!サングラスシールで作る6つのネイルデザインのやり方★

2016.05.01

大人気のサーフスタイル‼︎FUN WAVEシールを使ったサーフネイルデザインのやり方

2016.07.03

天然シェルシートを使った大人スタイリッシュなネイルデザインのやり方

2016.07.05