簡単にデニムの素材感を表現!大人気のデニムネイルのやり方

デニム生地ってすごく可愛いですよね?

デニム生地はジーンズやジャケット、バッグなど、主にファッションの分野で世界中から愛されています。最近ではデニムonデニムと呼ばれるスタイルが流行ったり、デニムを愛してやまない人が多くいるのがうかがえます。

そんなデニムのネイルアートもとても人気のデザインの一つです。いろんな組み合わせを楽しめるデニム本来の良さを生かした「デニムネイル」がとにかく流行っているのです。

どうやってネイルでデニムの素材感を出しているの?と思う方も多いと思います。今回は、セルフネイルでも「デニムネイル」ができるように、やり方とコツを分かりやすく、おすすめデザインと合わせて紹介していきます。

0.デニムネイルとは?

はじめに、デニムネイルとはどのようなものか紹介します。

デニムネイルとはその名の通りデニム柄のネイルのことです。デニムの素材感を表現して、いろんなアートと組み合わせることで、最高に可愛いデニムネイルを楽しめます。

denim01

今回やり方をお伝えするデニムネイルにFUNSIDEシールを貼るだけで、こんなに可愛いアートが完成するのです。是非参考としてご覧いただき、デニムネイルに挑戦してみて下さい。

1.デニムネイルに必要な道具

まずは、デニムネイルに必要な道具を紹介します。

denimitem
キッチンペーパー タッピングするときに使用
ジェルを塗布するとき、タッピングするときに使用
トップジェル:PERMA SHINE  ぷっくりと厚みのある仕上がりが特徴のトップジェル
ベースジェル:kuu  セルフネイルにもおすすめのオフしやすいベースジェル
カラージェル:スモーキーブルー  少しくすんだような色のブルー
カラージェル:インディゴブルー  デニムを染める際に使われる色 デニムの色=インディゴブルー
カラージェル:マットホワイト  アクリル絵の具のような硬さのあるマットなホワイト
LEDライト  ジェルを硬化するときに使用

2.デニムネイルのやり方

それでは早速、デニムネイルのやり方を前処理(プレパレーション)後の、ベースジェルを塗るところから紹介していきます。

前処理(プレパレーション)やジェルの塗り方など、基本的なジェルネイルのやり方はこちらの関連記事をご参照下さい。

初心者でも可愛くできる!セルフジェルネイルの正しいやり方

2016.02.26

色の濃淡をつけてデニムベースを作る

まずはベースジェルを塗って、

IMG_0209

 

LEDライトで仮硬化(10秒)します。

IMG_0210

 

ここから早速、デニムのアートをしていきます。

まずカラージェル「スモーキーブルー」を筆3分の1程度取って、

IMG_0212

 

薄く1回塗り、

IMG_0214

 

仮硬化(10秒)します。

IMG_0210

 

次にカラージェル「インディゴブルー」を筆4分の1程度取って部分的に塗り、

IMG_0216

 

ランダムに色の濃淡を付けます。

IMG_0233

 

デニム特有の素材感を出すためにも、この段階でくっきりと濃淡をつけましょう。

IMG_0235

 

その後、仮硬化(10秒)します。

IMG_0210

タッピングして色ムラを出す

ここでは、①キッチンペーパーを使ったタッピング・②筆を使ったタッピング、2種類のタッピング方法を紹介します。

タッピング:爪表面を優しく叩くようにして、ムラを出しながら色をつけていく方法のこと

まずウッドスティックを使い、ペーパーパレットにカラージェル「マットホワイト」を出します。

IMG_0244

 

①キッチンペーパーでタッピングする

半分に3回折ったキッチンペーパーで人差し指を挟むようにして持ち、

IMG_0245

 

カラージェル「マットホワイト」を付けてペーパーパレットにタッピングして、量の調節をしましょう。

IMG_0246

 

そのキッチンペーパーで爪をタッピングしていきます。先ほど濃淡を付けた濃い部分を残すようにするとデニムの素材感が出て、よりおしゃれに仕上がります。

IMG_0252

 

②筆を使ってタッピングする

キッチンペーパーの代わりに筆でも色ムラを出すことができます。キッチンペーパーと同様に、ペーパーパレットのカラージェル「マットホワイト」を筆に染み込ませ、

IMG_0261

 

筆でタッピングしていきます。筆を縦横に動かしてタッピングするのが綺麗な仕上がりにするコツです。

IMG_0265

 

タッピング後、仮硬化(10秒)します。

IMG_0210

 

最後にトップジェルを塗り、

IMG_0269

 

完全硬化(20秒)したら、

IMG_0210

 

完成です!

IMG_0271

マットコーティングをしてデニムの素材感をリアルに表現

トップジェルを塗ってひとまず完成ですが、ネイルサロンでは更にデニム感を出すためにもう一手間かけることが多いです。最後にデニムネイルのクオリティーを上げるもう一手間を紹介します。

トップジェルを完全硬化した爪にマットコーティングをしていきます。マットコーティングをすることで、よりデニムの素材感を出すことができるのです。

マットコーティング:ツヤを消して、くもりガラスのようなマット仕上げにコーティングすること
IMG_0274

 

マットコートジェルを、筆3分の1程度取って爪全体に塗っていきます。

IMG_0277

 

最後、完全硬化していきます。今回使用する「ace gel」というマットコートジェルはLEDライトに対応していないジェルなので、UVライト(60秒)で完全硬化します。

IMG_0541

 

最後に未硬化ジェルを取り除けば、

IMG_0278

 

完成です!ツヤが消え、より本物のデニムに近づきました。

IMG_0280

 

3.デニムネイルの可愛すぎるデザイン10選

ファッションでも、デニムはいろんな色や柄に合わせやすく、コーディネートを楽しむことができます。それはデニムネイルも一緒です。いろいろなアートやパーツとの組み合わせで無限に可愛くなります。

今回は、そんなデニムネイルを少し応用して作ったデザインの中から、特に可愛いものを紹介していきます。

FUNSIDËシールを使った可愛すぎるデニムネイル

最初の2つのデザインは、FUNSIDEのシールと組み合わせることで更に可愛くなったデニムネイルです。この2つのデザインはFUNSIDEの記事でも詳しく紹介しているので是非ご覧下さい。

①FUNSIDË デニムクッションアート

denim01

おしゃれな雑貨屋さんで見かける、デニム生地を使った可愛いデニムクッション。そんなデニムクッションからインスピレーションを受けて作ったデニムアートの記事です。

今、人気のSURFテイストネイル!✴︎Denim Cushion Art✴︎デニムクッションアート

2016.01.27
 

②FUNSIDË デニムバンダナアート

denim02

今年の流行アイテムのバンダナとデニムをMIX!デニムとバンダナを組み合わせたファッションを参考に、ネイルでも表現しました。可愛すぎるデニムバンダナアートの記事です。

あの、merryに掲載!✴︎最強コンビDenim×Bandanna✴︎デニムバンダナ アート!

2016.01.21
 

神戸のサロン「FREE’S nail」のデザインから厳選したデニムネイル

FUNSIDEデザイナーの森本・山神がネイリストとして働いている、神戸三宮のネイルサロン「FREE’S nail」のデニムネイルのデザインから特に可愛いものを厳選しました。


IMG_0617


IMG_0493


IMG_0352


IMG_0011


IMG_0319


IMG_0316


IMG_1153

⑩
IMG_3860

4.まとめ

デニムネイルはやはり、デニムならではの素材感がとにかく可愛いですよね。色の濃淡をうまく使い、タッピングでデニムの素材感を表現できれば、セルフでもかなりリアルなデニムネイルを楽しむことができます。

2015年に大ブームとなったデニムネイルは、今もこれからも変わらず、大人気のデザインとなることは間違いありません。これからの季節、春・夏は特にデニムネイルがおすすめです。

いろんなアートやパーツと組み合わせて、オリジナルのデニムネイルを楽しみましょう!

FUNSIDEシールを使ったアートのやり方は以下の記事を参考にして下さい!

本当に海に行った気分になれる!!リアルBEACHアートのやり方

2016.05.25

夏ネイルにぴったり‼︎Summer Alphabetシールを使ったハワイアンアートのやり方

2016.06.26

夏にぴったり!サングラスシールで作る6つのネイルデザインのやり方★

2016.05.01

大人気のサーフスタイル‼︎FUN WAVEシールを使ったサーフネイルデザインのやり方

2016.07.03

天然シェルシートを使った大人スタイリッシュなネイルデザインのやり方

2016.07.05