今すぐできる!ジェルネイルオフのやり方!〜ファイルオフ編〜【解説動画付き】

こんにちはFUNSIDË minamiです♡

今回は、ファイルを使ったジェルオフ方法のご紹介です!

新しいネイルにチェンジする時に必ず待っているのが「オフ」の作業です。

セルフネイラーの方のみならず、プロのネイリストまでもが何よりも早く終わらせたい工程。

よりスムーズに終わらせるためには、コツをつかむのが一番!ということで、解説動画付きで詳しく説明していきます★

How to File OFF

動画を見る(記事の最後にも動画を添付しています)

道具紹介

①アルミホイル ジェルオフの際に使用。カットコットンに染み込ませたアセトンの揮発を防ぎます。
②カットコットン  アセトンを染み込ませ、ジェルオフの際に使用
③アセトン ジェルをオフする際に使う薬品

④メタルプッシャー

 爪からジェルを剥がす際に使用

⑤ファイル

(グリッド100)

トップジェル、カラージェルを削る際に使用

⑥スポンジバッファー

(グリッド100/180)

 オフ後に、爪の表面を整える時に使用

手順説明

1.ジェルの表面を、ネイルファイルで削る

往復がけにならないように、左サイドから右サイドに向かって大きくストロークさせながら削りましょう。

右サイドの削りにくい部分はファイルを持ち替えて逆 方向に削ります。

親指でしっかりスキンダウンすると、サイドは削りやすくなります。またファイルが皮膚に接着するのも防ぐ役目になります。

スキンダウン:爪のサイドの皮膚を下げること。

片方のサイドが終わったら、真ん中、反対サイドを削ります。

削り後を繋げていくようにして削っていきます。

自爪までは削らないように、薄くカラージェルが残る程度まで削ります。(下記、図を参照ください)

2.アセトンを染み込ませたコットンを爪に覆い、アルミを巻きつける

削り終えたら、アセトンを染み込ませたカットしたコットンを、爪全体に覆うようにのせます。

カットコットンを乗せたら、その指にアルミホイルを巻きます。

アセトンが蒸発しないようにアルミホイルを隙間なくしっかりと止めます。

この状態で、約5分ほど時間をおきます。

3.浮いたジェルを、メタルプッシャーで除去していく

約5分経ったら、アルミホイルを外します。

メタルプッシャーを使い、根元からジェルを優しく剥がしていきます。力を加えてしまうと自爪に負担がかかるので注意してください。

まだしっかりと爪にジェルが付いている場合は無理やり剥がさず、ファイルで表面を削り、再度アセトンを染み込ませたカットコットンを爪の表面にのせアルミホイルを巻いて、時間をおきます。

アルミを外し、もう一度メタルプッシャーでジェルをすべて除去していきます。

4.ジェルオフの後は、スポンジバッファーで表面を整える

すべてのジェルのオフが終わったら、最後に爪表面を全体的にバフ(バフィング)をします。

バフ(バフィング):爪の表面を磨くこと。

必要であれば、爪の形・長さも整えましょう。

サイド、表面、根元、先端すべて満遍なくバフをしていきます。

5.オフ完了

綺麗にオフが完了しました!

 

まとめ

いかがでしたか?♡

オフもスムーズに終わらせて快適にネイルを楽しみましょう!

動画で詳しくチェックしたい方はこちら☟

Thank you

Have FUN♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です