シールを使ってラインもまっすぐ描ける!エフォートレスアートのご紹介【解説動画付き】

こんにちはFUNSIDË minamiです♡

今回は、エフォートレスアートのご紹介です!

11月の新作シール

カラークロシェを使って

華やかさとちょっとぬけ感のあるクロシェットアートを作っていきます!

 

Inspired

エフォートレスと言う言葉は「努力しない」や「楽な」といった意味もありますが、ファッション業界では「ぬけ感」や「さりげない」と言う意味合いとしても使うそうです。

出典:Pintarest

はっきりとした色を使いながらもどこかぬけ感のあるデザインに!

Let’s try!

How to make Effortless

 

動画を見る(記事の最後にも動画を添付しています)

道具紹介

KÜU PRO BASE GEL  ベースクリア
KÜU PRO TOP SOFT GEL トップクリア 

③S.F.T COLOR GEL

マットコートジェル

ネイルエキスポ2017にて発売

マットコートトップ 
④シザー  シールを切る際に使用 

⑤ネイルシール

VINTAGE CROCHET(ヴィンテージクロッシェ)

2017年11月1日発売開始

 アートに使用

⑥S.F.T COLOR GEL

アートホワイト

ネイルエキスポ2017にて発売

アートに使用 

⑦S.F.T COLOR GEL

ターコイズタイル

 ベースカラーに使用
⑧スクエア筆 ベース、カラー、トップを塗る際に使用 
⑨ツイザー  シールを貼る際に使用 

手順説明

1.ベースジェルを塗る

チップの場合は基本的にベースクリアは塗らなくてもいいですが、実際のお爪を想定して塗っています。

KÜU PRO BASE GELは薄づきでしっかり密着してくれるので非常に持ちが良く、オフもしやすいプロ使用になっています。

(LED仮硬化5秒)

お爪が薄くなったり、傷んでいる方、もしくはクリア仕上げの時は二度塗りをオススメします。

ジェル詳細はこちら☟

2.シールを貼る

今回使用するネイルシールは、11月1日に発売開始の  VINTAGE CROCHET(ヴィンテージクロッシェ)です。

予め、小さな三角形にカットしておきます。

 下図のように、シザーを用いてカット。余った部分は捨てずにシールの台紙に戻してください。

 

根元から先端にかけて等間隔にシールを貼っていきます。

全て貼り終えたら、ツイザーのお腹部分を使って、シール内の空気を内側から外側へ抜いていきましょう。

3.ソフトトップジェルで仮止め

KÜU PRO TOP SOFT GELを使って、シールの仮止めをしていきます。

ジェル詳細はこちら☟

筆の3分の1の量を取り、筆をゆっくり小刻みに動かしながらシールの段差を埋めていきます。

この時、シール内にまだ空気が入っているところがあれば、固める前に抜きましょう。

(LED仮硬化5秒)

4.カラージェルを塗る

S.F.T COLOR GELターコイズタイルを塗ります。

下図のようにスクエア筆を用いて、まずはラインを取り右側全体的にジェルを塗っていきます。

反対側も同じようにカラージェルを塗ってください。

(LED仮硬化5秒)

仮硬化を終えたら、両サイドを二度塗りしてください。

(LED仮硬化5秒)

5.マットトップコートジェルでコーティング

S.F.T COLOR GELマットコートジェルで全体をコーティングします。

(LED完全硬化30秒)

硬化完了後、拭き取りは不要!下図のようにマットな仕上がりになります♪

6.アートホワイトジェルでアートを描く

最後に、S.F.T COLOR GELアートホワイトで下図のようにアートを加えていきます。

両サイド、等間隔に点を描きます。

(LED仮硬化5秒)

 

さらに点と点の間に、小さな点を加えていきます。

外側にも同じ大きさの点を描きます。

これでアートの完成です♪

(LED完全硬化30秒)

7.完成

未硬化ジェルを拭き取り、完成。

まとめ

いかがでしたか?♡

シールを目印にアートするだけで今までできなかったことができるかも!?♡

動画で詳しくチェックしたい方はこちら☟

Thank you

Have FUN♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です